外壁塗装の効果について知っておきたいこととは?

外壁塗装の効果とはなにか

外壁塗装についてあまり知識がない人は、外壁塗装の効果は外壁を綺麗にすることだと考えています。ですが、外壁塗装の一番の効果はそれ以外のところにあります。それは、住宅の外壁を雨風や直射日光から守ることにあります。ですので、外壁塗装はお金がかかります。一回塗装をすると100万円前後のお金がかかるのです。塗装は意外と細かいところまで行いますし、塗る回数や塗る順番も決められています。そうすると、どうしてもお金がかかってしまうのです。

寒い地方に住む場合の外壁塗装とは?

日本は縦横に長い国ですので、北と南では温度の差も激しくなります。北に住宅を構える場合、冬場は気温が大幅に下がります。マイナスの気温の日が何日も続く場所も珍しくありません。その時には、普通の塗料だと冬場の断熱効果があまり期待できませんね。そこで、断熱効果のある塗料を使用する必要があります。断熱効果のある塗料を利用することで、部屋の快適な空気を逃さないため、長時間快適な状態を維持することができるようになります。また、光熱費の節約にもなりますね。

海に近いところに住む場合は錆に注意!

海から1キロぐらいしか距離が離れていないところに家を構える場合には、風光明媚な場所として満足度が高いのが普通です。しかし、海の近くに家を構える場合には、塩害の問題も考えなくてはなりません。海の近くは、潮風が吹くことで、鉄の部分が錆びてしまいます。そこで、外壁塗装をする時には、塩害でも錆びない効果が期待できる塗料を塗る必要があります。塩害対策としての塗料は、住宅全体ではなく、錆びやすい鉄部だけで十分でしょう。

外壁塗装の相場では、塗装の種類や施工期間によって価格が異なるので、多くの業者から見積もりを取る事が必要です。