包茎治療って?手術だけ?自分では治せないの?

知っている?包茎の種類!

包茎治療を考えている人は、包茎手術で治すことを考えている人もいるでしょう。しかし、包茎手術はいつでもできますので、別の方法にて治すことを考えて見ましょう。別の方法で治療する前に、自分の包茎ならどんな治療がいいかわからないと思います。まずは、自分の包茎がどの種類か確認するとよいでしょう。包茎の種類は、みなさん知っていると思われる真性包茎、仮性包茎とあまり知れれていないカントン包茎の全部で3種類あります。

包茎を自分で治すには!

包茎の種類は、真性包茎、仮性包茎、カントン包茎があり、それぞれの症状に応じて治療法も異なります。日本人の多くが真性包茎であることはみなさんも知っていることでしょう。仮性包茎を治すには、かぶっている皮に?き癖をつけることです。?き癖をつけることで皮は縮んできて、治るようになります。真性包茎及びカントン包茎の場合は、まずは仮性包茎にすることが重要です。どちらの包茎も包皮口が狭いので広げるように癖をつけることです。

包茎を治すグッズって?どんなものがある?

包茎を治すグッズはいろいろありますが、仮性包茎のものが大半です。貼って治療するタイプのものや装着して治療するものがあります。大半がリング型をしているもので、先につけるもの、根元につけるもの、伸縮自在なもの等それぞれありますので、自分にあったものを探してみてください。真性包茎、カントン包茎の治療グッズとしては、キトー君というものがあり、包皮口を広げる為の器具で、見た目は使用するのにためらいもありますが、先端は丸くて接触しても痛くないので安心してください。

包茎とは通常時亀頭が包皮に覆われている状態のことで、成人後これが自然に治ることはありません。放置すると不衛生になる場合もあるため、治療が必要です。